幸せとは?カンボジアの村で見つけた『お金がなくても満たされる』話

カンボジア 幸せの旅

2014年9月。

かつて大学1年生の秋、ボランティアプラットフォーム(通称ぼらぷら)さんを通じて、カンボジアのトンレアップ村に教育ボランティアに行きました。

いや、教育ボランティアという名目で行きましたけど、学んだのは私の方です。笑

子どもたちはもちろん、そこに生きる人や動物、景色すべてに生命力が宿っていて、こんなに人間も自然も美しいんだなって感じました。

カンボジアの学校

人間不信だった私。

はっきり言います。私は高校生から大学の途中くらいまで人間不信でした。

もう本当に、人と話すの嫌い。

何かね、本来の自分だと受け入れてもらえないと思ってたから、色んなものを閉じ込めて過ごしていたのですが、そしたらいつの間にか人間が怖くて仕方がなくなっていました。

今は違いますよ。笑

でも、カンボジアに行った時も『他の人とうまくできるかな?』っていうのは心配だったなぁ。

10日間くらい『村』という閉ざされたところで、他の日本人の方々と一緒に過ごすとか…大丈夫かな?みたいな。

だけど結局はそんな心配より、『カンボジアの村という知らない世界を見ることへの好奇心』の方が勝ってしまいました。
貧困と呼ばれる彼らがどんな人で、どんな生活を送っているのか。この目で見たかったからです。

それで、実際行ってみたら…

カンボジアの子供たち

子どもたちは全力で走る~じゃれあう~たたきあう~勉強する~…そして笑う。

大人の人もね、私は現地語わからなかったけど、とりあえず挨拶だけ覚えて「チョムリアップ スオ」って言ったらめちゃくちゃ笑顔で返してくれるの!
それでね、なんか知らないけど何してても楽しそうなんです。解放されてる感じというか。。

もちろん、カンボジアでも学校でいじめっぽいのは目にしました(少し)。孤児院育ちの子もいた。ご飯食べてたら、でかい虫が落ちてきた。笑

だけど、みんな何かに追われて生きてる感じはしなかったんです。
毎日、今この瞬間を生きるってこういうことかなって思いました。
「これが幸せか」って。

なんか、カンボジアに行く前の私の心配事ってめっちゃ小さいな、みたいな。笑

幸せってなんだろう?

幸せとは何か

「村の人からしたらお金という豊かさが羨ましい…幸せと感じるのかもしれないな。。」とも思ったけど、違います。
少なくとも日本人の『私』にとっては、幸せとはお金がなくても感じれるものなんだと、そう思いました。

日本で色んなものを手にしているはずなのに、『もっともっと』って貪欲に生きることは心が窮屈になりかねないと感じたんです。

ちなみに、ぼらぷらさんのこちらのボランティア、もちろん今でも実施中なので、知らない方は要チェックです。

ボランティアプラットフォーム カンボジアの学校で日本語英語教育ボランティア

カンボジア以前にも色んな国や地域に足を運んでましたが、このボランティア経験が私の価値観や思考、人格に与えた影響は大きいと今でも感じています。

もし興味のある方は、迷ってないでGOしてくれたら嬉しいです。ぜひ行ってらっしゃい!

>のるちゃんが手がける音楽プロジェクト!

のるちゃんが手がける音楽プロジェクト!

ちょっとドジな見習い魔法使い・のるわーるどと、自称宇宙一のアイドルねこ・のるねこのドタバタ冒険ストーリーを配信中!『クスリと笑えつつ、勇気をもらえる』見ているウチにあなたも魔法少女のるわーるど♡の魅力にハマっちゃう!?PC・スマホから、一緒に冒険へ出かけよう!

CTR IMG